血液クリーニングとは何か?

a0007_000296

 

最近話題の「血液クリーニング」とは、文字通り、血液を浄化してきれいにすることで、疲労回復から冷え性の改善など、体の中から健康になる治療法です。

 

血液をクリーニングするというのはどのようにするかというと、まず、約100mlほどの血液を採取します。

採取した血液にオゾンを加え、そのまま点滴で体内に戻します。

 

オゾンは血液中で酸素になり、赤血球を活性化させたり白血球の免疫力を高めたりするのです。

オゾンに触れる前の採取した血液は、黒ずんでドロドロしていますが、オゾンを加えることで赤くサラサラな血液になることが目で見ても確認できます。

 

サラサラの血液になることで、血液循環がよくなり、代謝が高まります。

そのため、冷え性や肩こり、むくみが改善されます。

 

新陳代謝が高まると、ダイエットにも効果的で、太りにくく、健康的に痩せやすい体質になります。

 

また、全身に酸素や栄養分が行き渡り、細胞が活性化することで、疲労回復やストレスにも効果が見込めます。

 

さらに、動脈硬化や成人病の予防効果、免疫力を高める効果があるので、あらゆる病気の予防にもつながります。

内面から健康な体をつくるので、アンチエイジング効果も高く、心も体も若々しく保つことができ、美容のためにも効果的です。

 

このように、血液クリーニングは薬を使わずにあらゆる効果が得られる注目の治療法なのです。